兵庫県三田市の整形外科|リハビリテーション|ED|AGA|ねごろクリニック

ねごろクリニック/ロゴ

医療法人社団 緑樹会 ねごろクリニック

整形外科のご案内

はじめに
整形外科では、腰痛、腰部脊柱管狭窄症、項頚部痛(肩こり)、膝関節痛、肩関節周囲炎(五十肩)等を初めとした慢性の疼痛疾患を治療します。
疾患の部位、程度はそれぞれ多岐にわたりますが、長年の経験に基づいた的確な診断を心がけています。
また、打撲、捻挫、骨折、靭帯損傷などの急性外傷も重要な治療分野です。
確実な診断と、確実な治療を行います。スポーツ障害にも積極的に対応いたします。
初期の治療方法から回復期のスポーツへの復帰方法まで、わかりやすく指導いたします。
脳卒中などの神経疾患(片麻痺等)も、積極的なリハビリテーションを通じて効果的な治療を行うことが出来ます。
区切り線
診断療法

診断療法/イメージ 一般レントゲン撮影と全身のCT撮影ができます。
これらを適宜組み合わせながら正確な診断を目指します。

区切り線
注射ブロック

注射ブロック/イメージ 一般的な静脈注射をはじめとし、トリガーポイント注射、仙骨部硬膜外ブロック、各種神経ブロック(坐骨神経ブロック等)を組み合わせて速やかな疼痛の除去と、疾患の軽快を図ります。

区切り線
物理療法

腰椎及び頚椎の牽引療法をはじめとして、ホットパック・パラフィン浴・マイクロウェーブによる温熱療法、低周波・中周波・SSP等による電気療法、 空気圧による循環促進、キセノン光による治療など、様々な医療装置を駆使した物理療法が可能です。症状にあわせて、適宜組み合わせながら治療を進めます。

区切り線
運動療法

運動療法/イメージ ねごろクリニックのもっとも特徴的な治療法です。
理学療法士による運動療法を積極的に行っており、急性から慢性の疼痛疾患に対して効果的なだけでなく、関節の可動域訓練、筋力低下に対する筋力強化訓練、神経麻痺、脳卒中などによる 麻痺性疾患に対する機能訓練、歩行訓練、日常生活動作訓練など、整形外科が扱う疾患全般のみならず、神経疾患に対しても運動療法による効果が期待できます。
スポーツ障害も運動療法の重要な治療対象で、力をいれています。

区切り線
患者参加の治療

患者参加の治療/イメージ これらの様々な治療法を組み合わせ、患者さんの希望、ニーズに合わせた治療の実施を目指します。
患者さんの日常生活、仕事の都合、その他の要望に対応できる診療時間、診療体制を組むことを心がけています。
その中で、患者さんも整形外科的疾患の治療に積極的に参加していただけるようなクリニックを目指しています。