兵庫県三田市の整形外科|リハビリテーション|ED|AGA|ねごろクリニック

ねごろクリニック/ロゴ

医療法人社団 緑樹会 ねごろクリニック

骨粗しょう症検査のご案内

はじめに
骨は生きており、常に新たに作られること(骨形成)と溶かして壊されること(骨吸収)を繰り返しています。
骨粗しょう症は、このバランスが崩れることでおこり、骨がスカスカになる病気です。
女性では50代で9人に1人、70代では2人に1人の割合で骨粗鬆症になると言われています。
女性だけでなく、男性も60代5人に1人の割合で罹患しているといわれています。
区切り線
症状
多くの場合は自覚症状なく進行し、骨折しなければ骨粗しょう症であることに気づきません。
そのため、患者さんのうち約8割の人は骨粗しょう症の治療を受けておらず、治療率の低さが問題となっています。
大腿骨骨折や脊椎圧迫骨折(いつのまにか骨折)を聞いたことはありませんか?
気が付かない間に骨粗しょう症が進行し、大事な骨が折れてしまいます。
区切り線
検査
当院の骨粗鬆症の検査では最新の二重X線吸収法(DXA法)と血液検査(骨代謝マーカー)を行っております。
検査は横になっているだけで、痛みもなく数分で終わります
骨折を起こしやすい部位を直接測るので、かかとの骨でおこなう簡易的な骨密度測定よりも、より重要で正確な評価をすることができます。
また、血液検査で骨代謝マーカーを測定することで骨密度が今後どのように変化していくかを予想することができます。
骨密度は急激に下がる事があります。定期的に検査を受けて早期発見を!!
区切り線
料金表
検査・治療ともに健康保険適用となります。
負担割合により金額は変動いたしますが、3割負担であっても健康診断でオプションを付けるより安価になります。
区切り線